ペニス増大手術のリスク

もしペニス増大手術を考えているのならば、実際に受ける前にリスクを知っておくべきでしょう。
どのようなリスクがあるのか、今回は主なものを3つ紹介しましょう。
まずは、金銭面のリスクです。
保険が適用されないので基本的に高額になるパターンが多く、10万円~30万円は見込んでおいた方がいいでしょう。
しかも一回の手術での値段でこの金額です。実際ペニス増大手術は数年ごとに再手術をしなければ大きさの維持ができないため、
長い目で見れば100万円以上の出費となるのです。
次に、手術失敗のリスクです。
最近は医学も発達しているので手術自体の失敗はそうそうあることではありませんが、
手術に成功していても後遺症で勃起時に痛みが生じるようになることもあります。
たとえばペニスの靭帯を切断したり引き出す手術を受けた際など、このような後遺症が残りやすいと言われています。
手術に失敗のリスクはつきものなので、口コミなどを頼りに腕のいいクリニックを探すのが賢明でしょう。
最後のリスクとして考えられるのは、希望通りのペニスサイズにならないという根本的な問題です。
実は、ペニス増大手術を受けても実際には2センチ程度でしか長くならないといわれています。
それに、あくまで平常時のサイズアップになりますので、勃起時のサイズにコンプレックスのある人にとっては
そもそも効果的でない場合もあります。
以上のように、3つ紹介しただけでも手術にはそれなりのリスクがあることがわかっていただけたと思います。
もし今後手術を受ける予定があるのならば、少なくともこれらのリスクだけは押さえておくようにしましょう。