正しくペニスのサイズを図る方法

ペニス増大に挑戦している人ならば、日々どれくらいペニスが成長しているのか当然気になるでしょう。
そこでしっかり長さを測定していきたいのですが、正確な測定方法を知っておかなければ毎回微妙な誤差が生まれ、
本当にペニスが増大したのかどうかがわからないと思います。
そこで今回は、正しいペニスの計測方法について説明していきたいと思います。
まずは長さの測定法ですね。
ペニスを水平に保ち、根本から先端へ向けてしっかり定規を当ててください。この時、根本に定規を押し付けすぎるのはNGです。
医学的にいえば、恥骨結合部に定規を当てるやり方が正しい手法です。
この方法で測定すれば、贅肉などがついていてもそれに関係なく正しい計測値を得ることができます。
次に太さの測定法です。
紙テープやメジャーなどを用い、ペニスの一番太いところかもしくは中央あたりを計測するのが良いでしょう。
簡単な方法なので、太さの場合は長さほど誤差は生まれないでしょう。
以上がペニスの計測方法になります。
ただ、これらの方法で毎日計測してもなかなか変化は見えづらいのが現状でしょう。
できれば毎日は図らず、一週間ほどの間隔をあけながら測定した方がモチベーションを保てるでしょう。
ペニス増大に取り組んで最初のころはついつい頻繁に長さを計りたくなってしまうものですが、
実際長さが変わってくるのは2週間以上経過してからだといわれています。
一瞬でサイズアップする、なんて高望みはせず、気軽な気持ちではじめるのが一番精神衛生上にも良いでしょう。